Stax Museum of American Soul Music sign. Photo Credit: Dan Ball

スタックス・アメリカン ソウル ミュージック博物館

スタックス・アメリカン ソウル ミュージック博物館でソウルミュージックの歴史を知る

スタックス・アメリカン ソウル ミュージック博物館は、ソウルミュージックの名門レーベルであったスタックスを中心にソウルミュージックの歴史を知ることができる博物館です。ソウルミュージックの起源、スタックス・レコードの創立からの歴史、スタックス・レコードやその他のソウル・ミュージシャン、サザンソウルやモータウンサウンドの事などソウルミュージックに関する"A to Z"を解りやすい展示で見て感じ取ることができます。

Stax Museum display
Stax Museum dance floor
Stax Museum records
Stax Museum church
Stax Museum of American Soul Music / Ronnie Booze
ゴスペルから産まれたソウルミュージック

ソウルミュージックのルーツはゴスペルです。ゴスペルは奴隷としてアフリカから連れてこられたアフリカ系アメリカ人の信仰から、教会で歌われた特有の讃美歌です。この背景には奴隷の歴史や黒人差別が大きく影響しています。スタックス・アメリカン ソウル ミュージック博物館では、教会の礼拝所の展示を中心に、音楽だけでなくそのようなアフリカ系アメリカ人の暗黒の歴史も説明しています。

スタックス・レコード

1957年にジム・スチュワートによりスタックス・レコードの前身であるサテライト・レコードが設立されました。翌年に彼の姉であるエステル・アクストンが共同オーナーになり、スチュワートの”St”とアクストンの”Ax”を一つにしてStax(スタックス)と改名し、キャピトル劇場の跡地にレコーディング・スタジオを作り、スタックス・レコードとして多くのレコードを世に送り出しました。メンフィスの街中では黒人差別が残っている時代に、スタックス・レコードでは白人も黒人も一緒になって音楽をプレーしていたのです。特に初期のスタックスのサウンドを支えていたブッカーT & ザ MG’s という黒人と白人の混成バンドは、後にソウル・オブ・キングと呼ばれたオーティス・レディングと組み、アメリカだけでなくヨーロッパでもブレイクしました。サム & デイヴもブルースシンガー & ギタリストのアルバート・キングもブッカーT & ザ MG’s と組んでスタックス・レコードでヒット曲を出しました。しかし、1967年12月10日にオーティス・レディングが飛行機事故で亡くなったことや、配給会社として契約していたアトランティック・レコードがワーナー・ブラザーズに買収されたのをきっかけに、経営が行き詰まり、スタックス・レコードは売却されました。
1969年にジム・スチュワートとアル・ベルがスタックスを買戻し、アイザック・ヘイズを中心のミュージシャンとしてインディーズ・レーベルとして再始動しました。アルバム『Hot Buttered Soul』(1969年)がヒットし、映画『黒いジャガー』(1970年)のサウンドトラックを手掛け、グラミー賞 映画・テレビサウンドトラック部門とゴールデングローブ賞 作曲賞を受賞しました。アル・ベルは西海岸進出をもくろみ、1972年8月20日にロサンゼルスムで開催したWatts Summer Festival を成功させました。そのコンサート・ドキュメント映画『Wattstax』(1973年)はゴールデングローブ賞にノミネートされました。 しかし、1972年にCBSとスタックス・レコードの流通契約が崩壊したためにレコードを販売する経路が絶たれ、スタックス・レコードは多大な負債を抱えてしまい、1975年12月19日にスタックス・レコードの建物は押収され、破産を余儀なくされました。

歴史的 音楽遺産としてのスタックス

1989年にスタックス・レコードの建物は取り壊されました。1991年に建物があった前に歴史的マーカーが建てられ、1997年に「Soulsville USA:Stax Records Story」という書籍が出版されました。 1990年代後半になって、地元の指導者がソウルスビル財団を立ち上げ、スタックス・レコードの歴史と文化を残すために活動を開始し、2003年にスタックス・レコードの跡地に、スタックス・アメリカン ソウル ミュージック博物館をオープンさせました。 ソウルスビル財団は、スタックス・ミュージック・アカデミーやソウルズビル・チャータースクールも運営しています。

再現されたレコーディング・スタジオ

スタックス・レコードのサウンドは独特の音響効果で有名でした。それは、もともとが映画館であったために、床はなだらかなスロープになっていて、その微妙な角度による反響によるものでした。スタックス・アメリカン ソウル ミュージック博物館では、そのスタジオが再現されています。新しくなったスタジオでレコーディングやライブ演奏が行われています。

 

スタックス・アメリカン ソウル ミュージック博物館 インフォメーション

AREA  サウス・メンフィス
ADD Stax Museum of American Soul Music 926 E. McLemore Ave Memphis, TN
TEL 901-942-7685
URL https://staxmuseum.com/
February, 2019