日本の旅のアイデアをテストする

アメリカ近代史のシビルライツ運動(市民権獲得運動)において、メンフィスは外せない場所です。ダウンタウンにあるナショナル・シビルライツ博物館は市民解放運動の指導者、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアが凶弾に倒れたロレイン・モーテルに隣接して作られた博物館です。2018年はマーティン・ルーサー・キング・ジュニアが暗殺されて50年に当たる節目の年となりました。アメリカの公民権運動の歴史1950年〜1960年代の軌跡や現代に至る人々の活動などが応答式タッチパネルや最新オーディオフィルムなどの最新技術を駆使して展示されています。
メンフィス観光のアイコン的なスポット、ビールストリートにはアーネスト・ウィザーズのワーキングスタジオ、ウィザーズ・コレクション美術館&ギャラリーがあります。アーネスト・ウィザーズは50年代-60年代の市民権運動などをテーマにフリーランスで写真を撮り続けたメンフィス出身のフォトジャーナリストです。ウィザーズが捉えた180万点という莫大な量の写真をご覧ください。

Wild Bill's / Ziggy Tucker
this is we this is you mural
kids playing in fountain in memphis
singing in a microphone
写真

メンフィスの音楽を知るのにまずは、メンフィス・ロックンソウル博物館に行ってみましょう。メンフィスの音楽ストーリー全体と、有名な「メンフィスサウンド」を形作るアーティストと音楽を展示している、スミソニアン協会監修の博物館です。20世紀中盤から今日にかけてメンフィス音楽が地元の人々の文化やライフスタイルとどのように関わってきたかを知ることができます。エルビス・プレスリーの邸宅グレースランドも必訪スポットです。グレースランドに隣接してエルビス・プレスリーズ・メンフィスと呼ばれる一大テーマパークになっているのをご存知ですか。エルビスが残した音楽の遺産と活動の軌跡のショーケース世界最大のエルビス・プレスリー博物館やエルビスの愛車20台をフィーチャーした自動車博物館やエルビス・ディスカバリーの展示などがあります。園内には2つのレストランも用意されています。毎年8月のエルビスの命日を挟みエルビスウィークと呼ばれる一週間があり、今でも世界中にいるエルビスの究極のファン達が集います。メンフィス・ミュージックに興味のある方はサンスタジオスタックス・アメリカンソウルミュージック博物館メンフィス音楽大殿堂博物館ブルースの殿堂博物館など音楽関連の興味深い展示館を訪れてください。